レゾナンス・チップ AT (XL)

型番 RC-AT / XL
定価 3,078円(税228円)
販売価格 3,078円(税228円)
購入数

複数購入の場合

電源ケーブル用の特大熱収縮チューブのチューニングキット、レゾナンス・チップ AT (XL)です。
特に、レクスト電源ケーブルZ-PRC01シリーズにジャストフィットします。

レゾナンス・チップ AT(XL) 初回ロット × 100個は完売いたしました。ありがとうございます。

レゾナンス・チップ AT(XL) 第2ロット × 50個が入荷しました。即納できます!

※ 熱収縮チューブを加工するヒートガンが別途必要です。

※ ご自身での加工が困難ならば、有償(加工料500円 / 1〜2本+返送料レターパック510円)で対応いたします。

セット内容:

 制振焼物(約5mm × 約15mm × 厚み 約3mm) × 1
 制振シール × 5個 (=1個+予備4個)
 AT専用 熱収縮チューブ特大(収縮前径40mm / 収縮後最小径13mm) × 1
 
※ 取り付けるケーブルの直径が、最低10mmは必要ですのでご注意ください。

※ 標準のレゾナンス・チップ ATはこちら

  • ふゆ
  • 2018/08/21 12:24:59
効果は抜群、ただ大きすぎた
テレビやレコーダー、ゲーム機、その他家電をつないでいる
タップの電源ケーブルに使用してみました。
変化としては音の塊がほぐれ、映像も鮮明になったように感じます。
全体的にノイズが落ち着いたイメージです。
効果には大満足、一点私のミスですが残念だったのが電源ケーブル自体はそれほど太くないもののコネクタ部分が大きいためこのサイズを購入しましたのですが、逆にチューブがケーブルに対しては大きすぎて縮みきらなかったことです。比較できないので縮みきらなかった事による効果の低下があるのかわかりませんが、すこし気になってしまうところ。これから購入される方で同じようにコネクタが大きいがケーブルが細い場合などは注意が必要かもしれません。
  • mamo!
  • 2018/08/01 20:04:58
今回も鳥肌モノ!
今回は年代物のTEACのAC電源ノイズフィルターとONKYO製のDACにつけて見ました(今回で全ての音声ケーブルに取り付け完了です)。毎回のことですがこれ以上、どう音が良くなるのか?と疑問に思いながら(笑)購入するのですが、良くなりましたね。楽曲がさらに元気よくというか、前面に出てきますね。ボーカルの口元がそこで歌ってるかのようにイメージできます。何気に取り付けた翌日に、中古で手に入れた2004年発売の「青春歌年鑑70年代総集編」というCDをかけてみました。元の録音は多分70年代当時と思うんですが、予想を裏切る鳴りっぷりで驚きました。音に古さを感じませんでした。全く埃のついていないおろしたてのレコードを聞いてるような・・・。今まで聴いてたCDがまた違った感じで楽しめるのが嬉しいです。
  • Panco-fan
  • 2018/07/30 22:21:57
システム全体が音楽的に!UBZ-1はぶっとび♪
PanaフラグシップブルーレイUBZ-1にもZPRC-01S(connect付)
これを、レクスト電源タップ+ZPRC-01S(connect付)にしたものを壁コンへ。
この変更だけでも、効果ありました。これ以上ないかもと思うほど。
(壁コンEZや機器のRpadも併用)

これに、上記2つをAT加工実施。
音楽的♪になりますね〜。気持ちよさが∞
おかげさまでTVの音楽番組の録画視聴もいい感じです♪ありがとうございます。
  • もんたろう
  • 2018/07/28 15:43:07
力強さ、奥行、空気感がさらに向上
最初のオーダーでは最上流の電源タップだけにしか適用できませんでしたが、効果は十分に表れ音楽の表現力、躍動感がぐっと上がりました。
2回目のオーダーでプレーヤー、アンプ向けにも適用することが出来、さらにリアルな音楽にレベルアップできました。

もともと表現力には定評のあるREQSTケーブルがさらにパワーアップします。

懸念されていた大径の熱圧縮チューブも慣れてしまえば何ということはありません。
  • IYO
  • 2018/07/26 13:46:40
更にリアルに!
最上流の電源タップ用ケーブルのATに追加して、CDプレイヤーとアンプ別電源(大型トランス式ACアダプター下流側)の二か所に設置してみました。
更に躍動感(ダイナミックレンジ拡大?)と音がほぐれて、よりリアルに音楽が聞こえます。
設置後、1週間で更に向上しているように感じます。
設置個所を増やしても副作用は感じません。
レクスト製品を含めてブレーカー、コンセント周り、ケーブル、接点、フィルター,整振など対策はしているつもりですが、まだまだ電源は奥が深いですね。
次はラインとSPのケーブルで行きます。
あっ、その前にテレビかな。

  • tintin
  • 2018/06/26 12:49:19
純化
電源系に使おうと思って、XLを二個発注。ヒートガンも欲しいと思っていたので、安いのを紹介して貰って結果オーライ。
タップの電源ケーブルと、CDプレイヤーの電源ケーブルに装着。3個目をすぐに発注してパワーアンプにつけようかと思っています。
信号系の装着がどの程度効くのか、何方かリポートお願いします。ステレオだと二個必要ですからね。
電源系の効き方は、レクストのぶれない方向性の延長線上にあって、安心して進化します。純度が高まる感じです。
  • ささだんご
  • 2018/06/24 20:23:16
デジタル音がアナログ音のように
まずはシステムの上流からの鉄則にしたがい、コンセントから電源タップまでの電源ケーブルとCDプレーヤーの電源ケーブルに使用。

開発された西野さん自身が「音圧過多でマスタリングされた音楽が、ほぐれるように聴こえてくる」とレビューされているが、まさにその通りで、嫌な角がとれて艶のある音に変化する。
CDプレーヤーのDAコンバーターの性能が一段上がったような、
デジタルなのだけどまるでアナログプレーヤーの音を聞いているような気分になる。

気持ちよく長時間音楽を聴きたいと思っている人にとってすばらしいアイテムであると思う。

アンプの電源ケーブルとRCAケーブルにもすぐに追加で取り付けたいと思う。
  • IYO
  • 2018/06/18 00:23:21
レゾナンス・チップ AT (XL)のレビュー
壁コンセントから電源タップまでのレゾナンス・チップコネクト付きZ-PRC01Wにレゾナンス・チップAT を装着しました。

装着直後は、私には変化が聞き取れなかったので、翌日、チップATなしの同一Z-PRC01Wと比較しました。
ケーブルの音質バランスを変えずにDレンジが拡大され、音像の大きさは、そのままで音場が広がり、見通しが良くなったように感じました。
また、低域がイコライザー調整でブーストしたのとは違い、アンプの駆動性が上がったかの様に元気になりました。

圧縮音源がハイレゾになった、機器をグレードアップしたという表現は妥当ですね。凄いです。

質問なのですが、ATを装着する優先順位は、最上流から下流へでよいでしょうか?
徐々に装着して変化を楽しもうと思います。
また、熱収縮チューブは多少動くのですが、もう少し過熱して収縮させた方がよいでしょうか?
ショップからのコメント
レゾナンス・チップ AT の優先順位は、オーディオのセオリー通り最上流からの順番をオススメします。
熱収縮チューブは、シワが無くなりツルンとした状態まで収縮させればOKです。(2018/06/20 14:49:19)
  • たっくん
  • 2018/06/09 12:10:08
音にやさしく包まれて聴くのが楽しくなります。
電源タップにつないでいる電源ケーブルに付けて試聴しました。低音がかなり出ます、しかしゴリ出しでカチカチな硬い音ではなく暖かく優しく包んでくれるような音です。表現力もアップします。デジタルの悪いところ(例:粉っぽさ、高音のきついエッジ等)が程よく柔らかくして心地よく聴かせてくて奏者のニュアンスを感じやすくなります。これは良い製品です追加しようと考えています。
  • chacha
  • 2018/06/07 09:46:09
ご紹介通りの変化
お世話になります。
RCAケーブル、デジタルケーブル、電源ケーブルの4箇所に設置しました。電源ケーブルは、熱収縮チューブが大きいため加工に時間が掛かりましたが、無事に設置出来ました。

音楽は製品説明通りの傾向を表します。特にライブ音源は今まで聴こえていなかった楽器等や細やかなニアンスまで聴こえてきます。REQST製品導入でこれまでで何段くらい向上したのやら。。。まだ先があるのでしょうね。。。
これからも期待しています。
Top