レゾナンス・チップ AT (L)

型番 RC-AT / L
販売価格 3,078円(税228円)
購入数

複数購入の場合

太めのケーブル用チューニングキット、レゾナンス・チップ AT (L)です。

レゾナンス・チップ AT (L) × 100個が入荷しました。即納できます!

※ 熱収縮チューブを加工するヒートガンが別途必要です。ご自身での加工が困難ならば、有償(加工料500円 / 1〜2本+返送料レターパック510円)で対応いたします。

セット内容:

 制振焼物(約5mm × 約15mm × 厚み 約3mm) × 1
 制振シール × 5個 (=1個+予備4個)
 AT専用 熱収縮チューブ大(収縮前径24mm / 収縮後最小径8mm) × 1
 
※ 取り付けるケーブルの直径が、最低5mmは必要ですのでご注意ください。

※ レゾナンス・チップ AT (L)を複数個ご注文の場合、パッケージはひとつにまとめさせていただきます。どうぞご了承ください。

  • るうのパパ
  • 2018/09/02 10:41:14
XLRケーブルにも効果的
これまでレゾナンスチップATを、イヤホン・ヘッドホンのケーブル×3、カーオーディオのiPodからの出力ケーブル、CDからリッピングする時に使用するディスクドライブやハードディスクのケーブルなどに使用してきました。
今回取り付けたのは、SACDプレーヤーの電源ケーブルと、プレーヤーとアンプをつなぐXLRケーブルです。
取り付け後一日おいて、タワーレコードが出したチック・コリア『リターン・トゥ・フォーエバー』のSACD盤をかけてみたのですが、「何これ?」と思わずのけぞりました。
LP時代から、もう40年以上聴きつづけています。昔は「ブルーノートのような重くてねばっこいファンキーな音とは違って、ライトでさらりとしておることだなあ」と思っていました。
ところが、音楽が始まったとたん、ころころと軽快な、ではなく、ごりごりとしたエレクトリック・ピアノの音がぶっ飛んでくるではありませんか。さらにはソプラノサックスも、さわやかさとは無縁の、気合いを入れて、汗をかきながら吹いているようすが見えるようです。ベースのうなり、シンバルのリアルさなど、とにかく、スタジオで演奏しているメンバーの熱気がむんむんと伝わってきます。
いままで何を聴いていたんだろう。「さわやかな音」どころか、むちゃくちゃ熱い「ジャズ」ではないか。
これを機に、ECM作品の聴き直しをしてみようと思いました。
  • もんたろう
  • 2018/07/28 15:26:23
ネットワーク関連も猛烈に効きますね!
以前のブログで紹介されていたインターネットのケーブル、無線LANルーターの電源ケーブルに使用してみました。
R-PAD関係も使用して可能な限り全体の環境を整えてから、ハイレゾ音源を再ダウンロードしてみました。

小澤征爾&サイトウキネン、オスカーピーターソン、上原ひろみ、Misia等様々な音源を聴いてみましたが、特にライブものの会場の雰囲気や生々しさ、まさに「これぞハイレゾ」と呼べる内容に大変身しました!

さあ残されたのはCDの再リッピングですが、作業の手間が悩ましいところです(笑)

基本的にあらゆる電気/電気信号が通っているケーブル類には効果が見出せそうですね。





  • たっくん
  • 2018/06/23 19:53:39
テレビ等のビジュアル系に効果有りです
テレビとBDプレイヤーの電源ケーブルに使って見ました。結果は画像がなめらかになり、デジタル特有のギザギザ感がほとんどなくなりかなり見やすくなりました。音のほうはよく分かりませんでしたが、映像の方はかなり満足できる映りになりました。
Top