TR-Pad-EX 限定生産品のレビュー
  • しょうゆ
  • ID:401159
  • 投稿日:2020/07/14
まだ上があるのか!

色々とREQSTの商品をコツコツと増やして行き、その都度変化を確実に感じ、もうこれ以上はと思ってましたが、TR-Pad-EXがやっとこせ手に入るとの事で、試しに1枚購入しました。始めにAVアンプの下に滑り込ましてみましたが、正直少しの変化を感じるくらいでした。
今度はパワーアンプの下に滑り込ましてみると...えっ!すぐに効果が分かりました。
音の広がり、ボーカルの力強さが更に良くなりました。ほんまいつも驚かされてばかりで、胸がキューンとします(笑)
素晴らしい商品をいつものありがとうございます。

  • にっくぼっく
  • ID:392996
  • 投稿日:2020/06/11
立体的で厚みのある音に変化!!

AMPの下に制振マットTR-Pad-EXを置き、スピーカーの上にR-Padを乗せています。

プラセボ効果ってこともあり得ますから、あくまでも客観的な視点で、何回か置いたり外したりチェックして、それでたしかに効果を確認できました。

外すと音が平面的な薄っぺらい感じになり、置くと立体的で厚みのある音に変化します。
4万円ほどの費用でかなりの変化を感じ取れましたから外せなくなりますね。
数十万円規模の機器のアップグレードに匹敵しているのではと思います。

さらにNASやDACの下にTR-Pad-EXを置くか検討中です。
それにしても実に不思議な恐るべきアイテムです。

  • こぶ安
  • ID:386163
  • 投稿日:2020/05/16
音楽の根本的変化

TIGLON社レゴの製品を購入しましたのでこちらにレビューします。

2枚目のTR-Pad-EXとしてトランスポート下に設置しました。
1枚目のアンプ下の分かり易すぎる変化と違い、最初の印象は「あれっ。こんなものか」と感じたのですが、ボーカルをよく聴くと何か印象が違います。
”折れたタバコの吸殻で“が”折ぉれたタバコのぉ吸殻でぇ“に聴こえるじゃないですか!!
そんなに凄い変化かと言われるかもしれませんが、二十年以上オーディオをやってきてREQST製品で高みを目指しに目指してTR-Pad-EXをアンプ下に使ってここまで来たかと感慨に浸ってた音が、トランスポート下にTR-Pad-EXを一枚敷くことで音楽が根本的に違ってきています。

何年振りかに聴いた音源など前の状態をもはや思い出すことができなくなるくらいに世界が違っています。

たぶん今まで同時になって共鳴してうるさく感じてた音が、本来のタイミング(昔で言えばクロック精度を上げるような技術)で発音されることで立体感・グルーブ感が再現されているように思います。

こんな改善は本来トランスポートかDACのバージョンアップでしか得ることができなかったはずですが、トランスポートの下に敷くだけで実現できるとは・・

  • Marcoa
  • ID:380316
  • 投稿日:2020/04/25
相乗効果

アンプとDACの2枚の予定が、今は7枚とすべての機器に使用しています。

前回のレビューにも記載したので重複してしまいますが、このパッド、同じラックに設置した使用していない機器でも、導入することで僅かながら相乗効果があるようです。

プレーヤーとスピーカーで選択する際に、どちらも試して、プレーヤーに常時設置で確定しました。今回は全ての機器の下にパッドを設置した状態で試しましたが、効果の度合いが以前と違いました。

スピーカー設置の時に感じた、特にボーカルの生々しさに更に磨きがかかって、余韻もさらに美しくなりました。
ライブ音源は特に絶品です。

当通販ではすでに売り切れてしまっていますが、TIGLONロゴ版はリリースされているようですので、是非是非全ての機器の下に使用しての、音楽の饗宴をご堪能下さい。

  • 埼玉のじい
  • ID:378431
  • 投稿日:2020/04/16
もうこれ以上のことは望みません

プロオケで37年間ヴァイオリンを演奏していました。現在は定年でオーケストラを離れて10年経ちます。私が定年でこのオーケストラを離れる頃には大幅なレベルアップでヨーロッパ並みのサウンドの中に浸って演奏していました。また今、レクスト様のおかげで、オーケストラ、また、オペラの素晴らしいサウンドと音楽に浸ることができます。親の介護とこの新型コロナ騒ぎの渦中に本当にありがたいことです。

去年の4月にパソコンからパイオニアのオリジナルのN-70AEに変へてから我が家のサウンドはレベルダウンしてしまい、(今になって30年前にラワン合板で自作したオーディオラックに原因があったことがわかりました)新電源ケーブル。新スピーカーケーブル。ダブル制震アダプター。R-PADーP88。新RCAケーブル。と取り入れて行きましたが。打楽器や低音楽器の音はどんどん良くなっていくのですが、オーケストラのヴァイオリンの音、オペラの男性の声、女性の声が耳についていけません。大音量になるともやもやします。その後、オーディオラックの下の両側に、レゾナンスピットを挟み、R-PADをラックの上段に置くと中低音に馬力が出て、大音量の時のもやもやがだいぶ解消されました。このことで、ラワン合板の悪さに気付きはじめました。ここでTR-PAD-EXの導入となりました。プリメインアンプとトランスポートの下に置きました。チェロとコントラバスのリアリティーと、中低音の金管楽器のサウンドのリアリティーが大幅に向上しオペラの再現性は大幅に向上しました。あと、交響曲や、オペラの中に出てくるヴァイオリンや、ヴィオラ、チェロのソロの抜きん出た旨さが再現されたことに驚きました。(生でしか聴くことができないと思っていました)5日後に、最高の音になります。それでもまだ高音楽器の再現と大音量の時の再現に不満が残りました。オーケストラのそれぞれの楽器の美しさにも不満です。
残る悪しきラワン材はトールボーイスピーカーに敷いている21mm2枚ボンドで張り合わせたボードです。ここに(スピーカーの下)R−PADを裏返しに置いてみました。最初はすこしおとなしくなったように思いましたが、高音楽器の濁りが消え、二時間程で音量アップ五日後には何も不満のない音になったのです。試しにR-PADを表にして聴いてみました。その直後から音量アップしかし、うるさくて聴いていられません。二日経っても変わりませんでしたので、また裏返しに置きました。やはりこれです。しかし最高の音になるのにやはり五日かかりました。オーケストラの低音楽器から高音楽器まで小音量でも大音量でも美しく再現されます。欲を言えば、奥行きの広がりはもっと有って欲しいとは思いますが、この時節、これ以上のことは望みません。でも、我が家の装置で、ここまで素晴らしいサウンドに出会えるとは思っていませんでした。ありがとうございました。

17件中5件表示