【即納】R-Pad-CB[1個]

型番 R-Pad-CB
定価 11,000円(税1,000円)
販売価格 9,900円(税900円)
在庫数 残数 0 売切れ中
SOLD OUT
【6/20更新】
R-Pad-CBの手持ち在庫のラスト8個です。即納できます!(上記在庫数が残数です)。

──────────────

■ 材質:本革 + 制振焼物
■ 革パッド色:濃紺
■ 寸法:約38mm × 43mm、厚み 約6mm(革+焼物部)、約2.5mm(革パッド部)、重さ 約5グラム
■ 生産国:日本製

↓ R-Pad-CBの詳細ページ
https://www.reqst.com/product/rpadcb/

  • masashige.2101
  • 2022/03/20 15:42:16
イヤホン・チューニング大作戦【その2】
仕事で使用しているSONYのステージモニター「IER-M9」にレクストのイヤホンチューニングを施す大作戦のその2です。

イヤホンケーブルのチューニングとして付属ケーブルにR-Pad-CBのループ巻きを施しました。

ピラミッド型の空間表現や実在感、透明感、音場の奥行き特にZ軸の表現が素晴らしくなりました。さすがR-Pad-CBです。

その3はレゾナンスチップ・ファイナルエディション1を装着します。
  • masashige.2101
  • 2022/02/26 15:35:42
パソコンの電源タップにも効果あり
連続投稿で申し訳ありません。

今度はデスクトップパソコンが繋がっている電源タップ(オーディオ用ですが超入門用タップです)に制振プラグ ATP-PW2プラスR-Pad-CBを付けてみました。

隣室のコンセントにつながった電源タップはデスクトップパソコンやモニターやNASなどがつながっています。
前回同様、あまり期待していなかったのですが、電源ケーブルにR-Pad-CBを付けたとき以上の効果が現れました。
ノイジーな感じがなくなるは前回と同じ。プラスあふれんばかりの低音が流れてきたのです。

ウソのようですが、変えたのはこの制震プラグのみなので、こちらがきいているので間違いないと思います。

本当にR-Pad-CBは多目的に音質効果アップに使えます。
PCオーディオをやられている方はぜひお試し下さい。
  • masashige.2101
  • 2022/02/23 08:52:02
ラックにも制震効果あり
うちではクアドラスパイアの強化ガラスのラックを使用しています。
ガラス板は音質によくないというのは、のちに知りました。

今回、R-Pad-CB2枚使って前側のスパイク部分にはめると、制震されどっしりとした安定感ある音質に変化しました。

スピーカースタンドだけではなく、ラックにも効果があるとは思いもしませんでした。
本当に潜在能力高いアイテムです。
  • masashige.2101
  • 2022/02/18 12:24:49
パソコンの電源ケーブルにも効果あり!
隣の部屋にある仕事用のデスクトップパソコン。
このPCの電源を切った時に限って、音がよくなるような気がして仕方がなかったので、このPCの電源ケーブルにR-Pad-CBをとり付けました。

そうしたら、このデスクトップパソコンの電源を切った時のノイジーな感じがなくなった透明感のある音が現れました。

ビックリです!

本当にR-Pad-CBで解消できるとも思っていませんでした。
まさに恐るべきR-Pad-CBの潜在能力!

私はやっていませんが、PCオーディオをやられる方は絶対に導入した方がいいと思います!
  • るうのパパ
  • 2022/02/08 15:23:08
信じられない臨場感と官能性
愛用しているJVC HA-FX1100に使用しました。
ケーブルはfinalに、イヤーチップはSpinFitに換え、本体にはピチップを、ケーブルにはATチップを取り付けています。
CBを(1周巻きで)ケーブルに装着した数日後から、音が変わりました。なんで、ケーブルに通しただけで、こんなに変わるのか、信じられませんが、変わりました。
特徴は大きくふたつあります。
クラシックのピアノ曲では、弦を叩いたあとの響きが、さらに明瞭に、さらに豊かになりました。ピアノ三重奏では、センター奥にピアノ、手前左右にヴァイオリンとチェロ、という立体的な位置関係がより明確になっただけでなく、響きによって、どのくらいの広さのホール(またはスタジオや教会)で録音しているのかも推察できます。オーケストラものでも、音の立体性や厚みが向上しました。そしてなんといっても、音そのものに、実在感だけでなく、一種の官能性があり、聴いていてほんとうに気持ちいいです。
ジャズのライブものでは、ピチップ装着によって、ライブハウスの一番前の席で演奏を聴いているような感じになって、ごきげんだったのですが、CBを装着すると、自分がステージに上がって、自分のまわりでミュージシャンたちが演奏しているように感じられます。
これほど臨場感がアップするのなら、スピーカーの端子に装着したらどれほど変わるのだろうと思いますが、その前に、資金を貯めなければならないのが、定年後、嘱託の安給料で働いている人間の悲しいところです。
  • もんたろう
  • 2021/10/12 10:21:58
スピーカースタンド追加で劇的改善!
それまでの音もとても満足していましたが、スタンドへの追加は効果が劇的です。
2枚の追加で済むので「ホントに効果あるの?」と疑問を持っている方にはチャレンジしやすいポイントではないかと思います。

R-Pad-CBの新ポイントと共に「過去最高のサウンド」が日々更新されていきます。
西野さまは既に次のネタを仕込み済みのようですから、この感動もすぐに過去のものになるのでしょう…
予定通りの悩ましい沼です…(笑)
  • Mr.M
  • 2021/10/09 10:37:31
スピーカーベースに取付て効果大
スピーカーのスパイクにも取付てみましたが
うちの場合はベースに取付けた方がより効果があました。
推察ですが床がフラットじゃない為ベースの下に僅かな隙間があり振動してスピーカーの能力を妨げて効果を発揮できないんじゃないかと思いベースの内側角にダルマピン📌を打ち込みR-Pad-CBを取付けました。
結果低域が締まりマスクされていた音が出て音像が前に出て前後の幅が拡がり迫力ある音が聴けるようになりました。
  • doowop
  • 2021/09/24 14:30:46
制振マジックに期待
既にいくつか取付してもう少し迫力が欲しいと感じていたところでしたが
壁コンセントプラグにR-Pad-CBを追加したら躍動感とパワーが更にアップしました。

個人的な希望として制振「レコード・スタビライザー」ができないものかと
期待しています。
  • もんたろう
  • 2021/09/23 00:38:31
スゴすぎる! 完全に沼モードです(笑)
〆能蕕5枚購入し、SP、RCA、デジタルの各ケーブルに採用しました。
空間の再現性、中低音が豊かになりライヴ感がかなりアップ!
続けて2枚追加し電源ケーブルに投入しようと思っていた矢先にSPターミナルへの技が紹介されたので急遽計画変更。
SPケーブルから2枚外してSPターミナルに4枚採用しました。 楽器の音がリアルに際立ち、更なるライヴのステージ再現性がアップ!
あまりの没入感に思わずライヴもののBlu-rayを連続試聴してしまいました。
そうこうしているうちに新技が次々と紹介され、エイヤっと更に5枚追加し壁コン、電源タップ、アンプのSPターミナル、Blu-rayのデジタル端子に採用しました。(RCAからは撤去)

これは完全に別世界!
中低音は更に増強され(と言っても極めて自然な感じで)、各楽器奏者の技、思いの様なものがスピーカーを通じて表現されるではないですか!
椎名林檎のライヴ版でトリプルギター(名越由貴夫、浮雲、林檎)になる場面でも、三人のギターがぐちゃぐちゃなならず各プレーヤーのそれぞれの音、表現の波が押し寄せてくる。
鳥越啓介のベースも裏でしっかり絡んでいます。
玉田豊夢のドラムの迫力、スピード感もスゴい!
ホーンセッションもきっちり伝わりますし、ヒイズミマサユ機のピアノはキラキラです。
ステージ上のセッション、アンサンブルが再現されてしまいます。

どこまでもハイスピードかつ繊細な表現を引き出してくれるDW-S1 LTD&A-0 REQSTのコンビの潜在力も底無しで驚かされます…

この商品、正直なところ単価1万円はツラいです。
が、コスパを考えれば全然OK。
この音はハードの買い替えでおいそれと手に入るサウンドではありません。
「時は金なり」と考えれば早期大量投入をオススメします。

一方でまだまだ新技がいくらでも出てくる感じがプンプンしているのでおサイフの事を考えると複雑な心境です…(笑)
あと何枚買うことになるのやら…(汗)

みんなでこの素晴らしい沼を楽しみましょう!
  • Marcoa
  • 2021/09/20 12:49:36
ライブが、演者が、向こうからやってくる!!
主要ケーブル類、ホームページでも紹介されている、ターミナルへの装着の第2・3形態と、パッドを取り付けている状態です。(他にもREQSTさんの過去のアイテムも併せて愛用中です。)

段階的に取付ていきましたが、その都度の感想をここに記します。


【ケーブルへの装着】
演奏会場の土台、音響の質...とも言える効果で、全てはここから始まるといった感じですね。ループ技を使えば、より上質な会場へご案内♪が目指せると思います。


【スピーカーターミナルへの装着】
特に第3形態では前回のレビューで、どこぞやのホールで実際に演奏と表現しましたが、会場の広さ、響きの深さ等をこの装着で体現出来ているのではと思いました。第2形態も凄いですが、余裕があれば迷わず第3形態が理想です。
因みに、各個人のシステムの環境に依るかと思いますが、効果が出るまでしばらく時間がかかるようです。(私の環境がそうでした。)


【電源への装着】
そして今回の電源。私はREQSTさんの制振プラグ(ATP-PW3)2個と、パナの白プラグの合計3点に装着しています。効果が出るまで暫く時間はかかります。共通して言えるのが、演者の熱気や幽玄といった表現が、聴き手に向かってよりリアルに眼前に現れる!感じです。

先の第3形態の段階でも凄いですが、いかにホールで実際に演奏しても、演者の情熱や観客の熱気が伝わらなければ感動しない...(しにくい)そう言った意味でこの対策は、絶対に押さえておきたいポイントです。

ライブ音源では上質な演奏会場が眼前に!!スタジオ録音等では、演者を家に連れてきて、その場で歌っているかのような体験が実現出来る可能性を秘めています。
そう、向こうからやってくるのです!!


このご時世、ライブ道中の楽しみだったり、物販に並ぶなんて事も控えなければいけませんが、メインのライブを楽しむことが出来るだけでも十分なはず。それが自宅で実現可能なら、そりゃぁ凄いことです。
最近では、オンラインライブという形式も有りますので、もしかしたら、もうライブに行かなくてもいいかも?

このパッドの登場以来、短期間で次々とオーディオ革命が起きています。しかも、何十万、何百万なんてコストをかけているわけでもない、夢でも見ているかのようです。

本当に凄いモノを開発されましたね!
そして開発に留まらず、次々と設置ポイントを提案し、進化し続けている姿勢には脱帽です。


あ、余談ですが、気持ちいい音だからと、ついつい音を大きくしがちになってしまいますが、近所迷惑にだけは気を付けましょう(^^
Top